ダイヤモンド就活ナビTOP > 就活コンテンツ > ダイヤモンドオンライン

就活に役立つ記事で、時事・経済に強くなろう!

inside Enterprise

inside Enterprise

ブリヂストンが畑違いの「データ会社」を1000億円超で買収する理由

ブリヂストンは、米自動車用品小売り大手の買収を著名投資家のカール・アイカーン氏との争奪戦で2015年に取

 ブリヂストンにとっては、久方ぶりの大型買収である。1月22日、同社は約1138億円を投じ、オランダのトム トム テレマティクスを買収すると発表した。1000億円を超える投資は、2007年に再生タイヤ大手の米バンダグを買収して以来、実に12年ぶりのことだ。

 トム トム テレマティクスは、膨大な車両関連情報を抱えるデータ会社である。車両の運行ルートや運転スピード、メンテナンス状況などの情報をデジタル化して蓄積・分析し、トラックやバスなどの運送業者に最適な車両オペレーションを提案している。

 車両の蓄積データは欧州最大で、現在、約86万台の車両にサービスを提供中だ。

 しかし、タイヤではなく車両情報の活用という、ブリヂストンにとっては“畑違い”の事業を展開する会社である。

 確かに、ブリヂストンの手元資金は潤沢であり、その使い道は、市場関係者から事有るごとに突き付けられる悩ましい課題の一つだった。だとしてもなぜ、満を持して臨む大枚の投じ先が、トム トム テレマティクスなのか。

筆者名:週刊ダイヤモンド編集部,新井美江子

[2019/02/05 09:00]

続きを読む

※続きを見るにはダイヤモンド・オンラインの会員登録とログインが必要な場合があります。

このページのTOPへ


新規会員登録