ダイヤモンド就活ナビTOP > 就活コンテンツ > ダイヤモンドオンライン

就活に役立つ記事で、時事・経済に強くなろう!

inside Enterprise

inside Enterprise

ソフトバンク、スマホ決済主導権奪取に「100億円ばらまき」の大バクチ

発表会には「ぜひうちの店で買い物を」と訴える大手チェーンの幹部も勢ぞろい Photo by Hiroyuki Oya

 QRコード決済の主導権を奪うため、100億円をばらまき──。

 ソフトバンクとヤフーが共同出資し、QRコード決済を担うベンチャー企業ペイペイが、顧客獲得のために大勝負を懸けている。

「100億円あげちゃうキャンペーン」と題した営業施策は、12月4日以降にペイペイを利用した買い物の支払額の20%を還元するというもの(還元額の上限は月5万円)。さらに、40分の1の確率で支払額を全額還元(上限10万円)するとともに、ソフトバンクのスマートフォンユーザーならば全額還元の確率が10分の1に上がるという大盤振る舞いだ。

 100億円の原資はソフトバンクとヤフーが拠出したペイペイの資本金で、10月31日に200億円へと増強されている。

 ペイペイの中山一郎社長は、「ソフトバンクグループが本気で取り組む注目事業。大型キャンペーンでペイペイの利用を促進し、ユーザー数と利用可能店舗数でナンバーワンを目指す」と意気込む。

 QRコード決済の利便性は、利用できる場所の数にも左右される。キャンペーンに合わせ、ファミリーマート約1万7000店でもペイペイが利用可能になると発表され、コンビニ大手3社の一角を早速取り込んだ格好だ。

筆者名:週刊ダイヤモンド編集部,大矢博之

[2018/12/03 09:00]

続きを読む

※続きを見るにはダイヤモンド・オンラインの会員登録とログインが必要な場合があります。

このページのTOPへ


新規会員登録