ダイヤモンド就活ナビTOP > 就活コンテンツ > ダイヤモンドオンライン

就活に役立つ記事で、時事・経済に強くなろう!

inside Enterprise

inside Enterprise

任天堂スイッチ大ヒットが玩具クリスマス商戦の逆風になる理由

クリスマス商戦を目前にしてなお、スイッチは品薄だ Photo by Wakako Otsubo

 街中には、イルミネーションが点灯され、クリスマス商戦が本格化する。玩具業界では、クリスマスと年末年始で年間売上高の4割を稼ぎ出すといわれている。

 今年の商戦はどうなるのか。その試金石として注目されているのが、「ニンテンドー3DS」向けの新作ゲームソフト、「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」。ゲーム専門誌「ファミ通」の調べでは、発売から3日間で120万本を売り上げたという。発売直後の動きとしては大型タイトルに匹敵する。ポケモンシリーズは小中学生男子に人気の高いゲームソフトだけに、「クリスマスギフトとして、売り上げはさらに加速する」(量販店の売り場担当者)と流通業界からの期待も大きい。

 ゲーム業界では、今年3月に発売された「ニンテンドースイッチ」が大ヒットし、据え置き型の「プレイステーション(PS)4」も好調だ。3DSソフトでもポケモンなどがヒットしており、商戦は盛り上がりつつある。

スイッチの品切れが試練

 にもかかわらず、ある玩具専門店の役員は浮かぬ顔だ。「お客は、玩具専門店なら何でもそろうはずと期待して来店するのだが、ニンテンドースイッチを置いていなかったら、店のイメージダウンにつながるかもしれない」と嘆く。

筆者名:週刊ダイヤモンド編集部

[2017/12/05 09:00]

続きを読む

※続きを見るにはダイヤモンド・オンラインの会員登録とログインが必要な場合があります。

このページのTOPへ


新規会員登録