閉じる

公開日:2018年03月01日   更新日:2018年12月12日

  建設/

ロゴ

スズキトウケン

株式会社鈴木東建

正社員
ブックマーク
就活ナビだけエントリー
ISO規格取得済 3年連続成長企業 歴史と伝統のある老舗企業
土木建築系学生積極採用 既卒者積極採用
エントリー セミナー情報
企業関連リンク 鈴木東建HP

最新メッセージ

【 N E W 】 単 独 説 明 会 を 実 施 し ま す !

 日時:2019年01月10日(水) 
    15:00〜16:30


 場所:ダイヤモンド就活ナビ 北海道編集部セミナールーム
    (札幌市北区北7条西5丁目7番1号 第27ビッグ札幌北スカイビル 9階)


    →詳細は「セミナー情報」をご覧ください。


近井 涼(27歳)北海学園大学工学部建築学科

現在、入社5年目で建設事業本部建築部に配属になってます。

大変なことも多いですが、その分やりがいもあり、わからない事などがあれば、先輩達もフォローしてくれるので、安心して働くことが出来ます。

一緒に働ける仲間を募集中ですので、是非、単独説明会や選考にお越し下さい!!

採用データ
主な仕事内容 「建設事業本部 建築・土木部門」では、各工事の施工管理を主たる業務と致します。当初は複数名の現場事務所に配属され施工管理業務を実際の仕事の中で身につけていただきます。

「電力工事本部 各部門」では、各工事において工事担当チームのリーダーとして発注者と協力業者とのコミュニケーションを取りながら特殊な機械などを使って工事を担当します。

「積算補助業務」では、主に建築部門において、積算チームの一員としてExcel等を使ったデータ入力、見積書の発行、提案書の作成、書類整理などを担当します。

「総務事務」では、本社総務部において、日常経理事務、各部門の部門別出資計画の作成および実績の把握、見積書・請求書のチェックと作成、入金確認、社有車の管理、車両事故等における保険代理店との連絡調整、社内行事の計画・運営などを担当します。



募集職種 建設事業本部 建築・土木部門

電力工事本部 各部門

積算補助業務(一般職)

総務事務(総合職)
応募資格 2019年卒業予定の大学生・短大生・専門学校生・卒業後3年以内の方
初任給(実績)

【年俸・日給・時給】の記載がない場合【月給】制です。


建設事業本部 建築・土木部門
電力工事本部 各部門
総務事務(総合職)

大学:210,000円(固定残業代43,000円、35時間相当分含む)
短大・専門:196,000円(固定残業代40,000円、35時間相当分含む)


積算補助業務(一般職)

大学:174,000円(固定残業代43,000円、35時間相当分含む)
短大・専門:166,000円(固定残業代40,000円、35時間相当分含む)

・35時間を超える残業代は追加で支給。

諸手当 通勤手当・家族手当
昇給・賞与 昇給年1回
賞与年2回
時間外・休日・深夜労働の割増賃金に係る計算方法 時間外労働割増賃金 1時間当たりの賃金単価×1.25
法定休日労働割増賃金 1時間当たりの賃金単価×1.35
深夜割増賃金 1時間当たりの賃金単価×0.25
勤務地 札幌本社
勤務時間 8:00〜17:00
残業・休日出勤 月平均29.2時間
工事繁忙期は休日出勤あり(その場合は振替休日取得)
休日・休暇 週休2日(土・日)、年末年始休暇、盆休暇他
年間休日108日
待遇 雇用・労災・健康・厚生・財形
福利厚生 退職金制度有り、社員寮有り
教育制度 新入社員研修
資格取得に対するお祝い金・資格取得のための専門学校等への授業料に対する社内貸付制度あり
採用予定学科 全学部全学科・建築土木系
過去の採用実績校 北海学園大学,北海道科学大学,北海道教育大学,専修大学北海道短期大学
応募書類 履歴書・成績証明書・卒業見込証明書
2019年度4月
採用予定人数

4名
昨年の採用人数 9名(男性 6名 / 女性 3名)
募集・採用に関する情報
直近3事業年度の新卒者等の採用数 2016年度 3名
2017年度 2名
2018年度 9名
直近3事業年度の新卒者等の離職者数 2015年度 0名
2016年度 0名
2017年度 0名
2018年度 1名
職業能力の開発及び向上に関する取組の実施状況
研修制度 あり

新入社員研修
新入社員フォローアップ研修
自己啓発支援 あり

資格取得助成金
従業員貸付制度(資格取得コース)
職場への定着の促進に関する取組の実施状況
前事業年度の月平均所定外労働時間 32時間
前事業年度の有給休暇の平均取得日数 7.1日
前事業年度の育児休暇取得数/出産者数 女性0人/0人 男性0人/3人
 
事業内容 建設事業本部 建築部 地域のランドマークとなる官公庁施設。
社会の安心と信頼を形にしています。

人間の営みの土台である、衣・食・住。その住空間で重要な役割を占める建築は、大まかに建物の設計および施工からなり、建物も公共および民間の大型施設から、戸建て住宅・マンションなどの一般住宅まで多種多様に存在します。そこで求められるのは、発注されるお客様の要望を取り入れながら、周囲で暮らす人々の生活や景観などにも配慮した想像力です。わたしたちは、地域社会の生活環境に気を配るとともに、お客様に対し、コスト・外観・構造・性能・メンテナンスなどの面でコンサルティングを行い、皆様に満足いただける住環境をプロデュースしています。
事業内容 建設事業本部 土木部 道路・河川などのインフラの整備を通して未来に残る街づくりに貢献しています。

暮らしを育む住まいはもとより、生活を彩る都市空間や社会基盤を支えるさまざまなインフラ整備まで、わたしたちが手がける事業は住環境のあらゆる領域に及んでいます。橋梁や道路工事といった土木事業はその重要な柱のひとつ。土木部は、発電・変電所の新設工事などの一大プロジェクトから、下水道や農業用水路といった身近な生活基盤まで豊富な施工実績を誇っています。わたしたちの技術と情熱、その一つ一つが街を支えているという喜びと使命感を忘れることなく、未来に残る街づくりに貢献したいと考えています。
事業内容 電力工事本部(1) 電力工事本部 (電力土木部・地中送配電工事部)

北海道の電力土木事業のパイオニアとして
技術・品質・実績で業界をリードし続けます。

鈴木東建の歴史、それは北海道の電力供給の発展を担う変電所や送電線の建設といった特殊土木事業にはじまります。その確かな実績と技術力には業界をはじめ、多くの自治体からの定評を得ています。社内では独自の品質管理基準を設け、常に安全で高品質な工事・施工に心を配っています。今後はさらにビッグプロジェクトで経験を養い、人々の共感と信頼を生むモノづくりにこだわり続けていきます。
事業内容 電気工事本部(2) 電力工事本部(電気工事部)

電気を通して見えてくるのは、あたたかな住まいの輝きです。

電気は経済活動を支えるとともに、豊かな生活をおくるうえで不可欠なエネルギーです。ライフラインの安定した供給は、電気部の業務においても常に重要な課題となっています。当社では、発電・変電所の超高圧電力から家庭用の低圧電力の配電まで、電気工事の施工技術を幅広くカバーしており、一貫したコンサルティングを可能にしています。また、マルチメディアの急速な発展により、電話回線もデジタル化が一般化されるなど、一般家庭用および産業用の電気設備は、新技術の導入とともに高度化・複雑化しています。電気設備の施工・維持などの保安業務を担う電気技術者の業務もますます高まってきているため、当社ではさらなる知識の習得と技術の向上を図っています。
事業内容 電力工事本部(3) 電力工事本部(エンジニアリングサービス部)

スクラップ・アンド・ビルドから、保存・再生の時代へ。
今ある環境を守り受け継いでいくことも、わたしたちの大きな仕事です。

土木・建設の分野は、一般的に橋やビルなどの建造物をつくりだすことで社会の基盤を築くという重要な責務があります。その一方で、わたしたち鈴木東建はつくりあげた建造物を育てて、ケアしていくこともまた大切な使命だと考えています。そこで2001年、建造物の延命・再生事業と洗浄事業を柱としたエンジニアリングサービス部を設立。市場のニーズに応じたきめ細かいサービスを実現しています。補修・再生を施しながら古いものを守ってきたヨーロッパの歴史。わたしたちは中でもドイツの先進技術に着目し、その優れた技術を取り入れて、高品質化とランニングコストの低減を図っています。もっと人に快適な技術を。そしてまた技術が織りなすもっと豊かな住環境の創造をわたしたちは目指していきます。
事業内容 営業部  (企画・設計) 顧客第一主義の基本 それは仕事への情熱と思いやりの心です。

営業部(企画・設計)においては、新築・改修の設計はもとより、お客様が抱える課題に対して豊富な実績とノウハウを基にして、問題解決の提案を行っています。また、お客様との絆を深めるだけではなく、これまでの実績を最大限に生かしながらマーケットに眠っている新しいニーズを掘り起こしていき、求められている「もの」の形を具現化していきます。
エントリー セミナー情報
企業関連リンク 鈴木東建HP

この企業を見ている人はこんな企業も見ています。