閉じる

公開日:2018年03月01日   更新日:2018年05月24日

食品/水産

ロゴ

カシマヤ

株式会社加島屋

正社員
ブックマーク
就活ナビだけエントリー
シェアトップクラスを誇る会社 好立地・快適なオフィス環境 歴史と伝統のある老舗企業
育児支援制度が整備されている会社 介護休暇・介護時短勤務制度

PRコメント

贈答品で全国から圧倒的な支持を得ている加島屋の「さけ茶漬」をはじめとして、鮭や筋子、鱈の子、帆立貝柱など、魚介類を主原料に加島屋伝統の製法で食品を製造しています。
県外の方への贈り物候補に必ず入ると言われている当社の製品とその心をまずは知ってください。

大自然からの贈り物を精一杯活かす。150年間変わらぬ姿勢です。

鮭の王様といわれるキングサーモン。その中でも美味しさの基と言える脂分を体重の5分の1以上もたくわえている北米産のキングサーモンが、加島屋の「さけ茶漬」や「粕漬け」「味噌漬け」の原料になっています。大きいものでは10数kgに達する、まさに天の恵みと呼ばれる素材に支えられて、加島屋の伝統の味が守られています。
「料理は、つくった人の愛情と真心が感じられなければならない」加島屋初代の肝に銘じられたこの初心を受け継ぎ、幕末・明治・大正・昭和・平成とそれぞれの時代を手作りの味を追求してきました。この当たり前のことを次世代へ残していける皆さんを待っています。

加島屋 味づくりのこだわり「大事な工程は手作業 手間を惜しまぬこと」

お客様に喜んでいただける味をつくり出すために、主要な製造工程に関しては人の手で行っています。例えば主力製品の「さけ茶漬」の原料であるキングサーモンは、解凍後、熟練の手で尾から頭に向かって塩がしっかりすり込まれます。次に三枚に下ろした身にも丁寧に塩を当てます。その後冷蔵庫で熟成されますが、塩加減と熟成にかける時間こそが最高の素材をより一層活かす決め手です。
効率化・短縮化が進む食品製造業の中でも、当社は味づくりの基本である手間と時間を惜しみません。

会社プロフィール
事業内容 海産物加工、製造、販売
創業 1855年(安政2年)
資本金 7000万円
売上高 49億1984万円(2017年3月期)
従業員数 241名 (2017年3月現在 男98名 女143名)
代表者 代表取締役 加島 長八
本社所在地1 〒951-8066 新潟県新潟市中央区東堀前通八番町1367
TEL 025-229-0105
事業所 亀田工場
〒950-0141
新潟市江南区亀田工業団地1丁目3-13
取引銀行

北越銀行、第四銀行、農林中央金庫、みずほ銀行

主な販売先

三越伊勢丹、高島屋、そごう・西武他全国主要百貨店

沿革1

■安政2年(西暦1855年)
阿賀野川、信濃川でとれる秋の鮭、春の鱒、初冬の助宗鱈他の塩蔵品、塩干物を商う加島屋を開業。

■明治20年代
地元の酒蔵から出る酒粕を利用した鮭、鱒、筋子、鱈の子の粕漬を開発。(現在の「三色粕漬」の始まり)

■明治40年代〜大正
地域の役立つ食品・雑貨店として取扱商品を増やし、現在の加島屋の基礎をつくる。

■昭和初期〜戦後
昭和初期の経済恐慌や太平洋戦争の苦難の時期を乗り越えて、お客様に喜んでいただける商品の販売に努力。加島屋は地域の皆様に親しまれる商店として一歩一歩着実に商いをいとなむ。

沿革2

昭和29年
 有限会社加島屋商店に改組。
昭和33年
 良質の原材料を求めて北海道に渡り、雄武産の秋鮭との出会いがある。
昭和34年
 北海道東のマスノスケ(キングサーモン)の仕入販売が始まり「さけ茶漬」を開発する。
昭和40年
 品質に定評のあるユーコン河産キングサーモンの取扱開始。
昭和48年
 有限会社 加島屋に商号変更。
昭和51年
 アラスカ州ユーコン河産キングサーモンの品質管理のため現地に渡る。

沿革3

昭和62年
 第4回新潟県経済振興賞受賞。
平成元年
 新潟市制百周年記念ふるさと功労賞受賞。
平成 5年
 株式会社 加島屋に改組。
平成 7年
 新社屋完成。
平成27年
 創業160年を迎える

採用窓口 採用窓口名称 株式会社 加島屋
住所 〒951-8066 新潟県新潟市中央区東堀前通8-1367
受付電話番号 025-229-7561
Eメール s-aoki@kashimaya.co.jp
担当者 管理本部 管理部 青木

この企業を見ている人はこんな企業も見ています。