閉じる

公開日:2018年04月18日   更新日:2018年04月18日

新聞/

株式未上場

シコクシンブンハンバイ

四国新聞販売株式会社

正社員
ブックマーク
3年連続成長企業 サークル・クラブのある会社 年俸制導入

PRコメント

四国新聞の販売部門を力強くけん引するグループの中核企業

会社プロフィール
事業内容 「四国新聞」の販売とそれに付帯する関連事業
設立 1984年11月
資本金 1000万円
売上高 29億9500万円(2017年10月現在)
社員数 82名 (2018年1月現在 男75名 女7名)
平均年齢 34.0歳(2017年1月現在)
代表者 代表取締役 福家 輝
本社所在地1 〒760-0017 香川県高松市番町3丁目2番1号
TEL 087-833-4590
事業所 【本  社】高松
【事業所】本店(高松)、屋島店、檀紙店、一宮店、三本松店、坂出東部店、坂出中央店、宇多津店、綾川西部店、丸亀店、善通寺中央店           
関連会社 四国新聞社
ここがポイント CLOSE UP!

(1)急成長を続ける若々しい企業
   自分の可能性を信じる、前向きなあなたのチャレンジを待っています。
(2)四国新聞社と共に歩む企業
   四国新聞社100%出資の安定した職場であなたの将来を考えるチャンスです。
(3)地域を元気にする企業
   四国新聞と読者を結ぶ仕事です。人と知り合い、暮らしを支える。
   業務を通じて地域に貢献できるチャンスです。
(4)実力主義!やる気に応える企業
   積極性と細やかな気配り、女性の方にも大きなチャンスが生まれます。

新しいスタイルの販売会社

新しいスタイルの販売会社・四国新聞販売(通称・よんしん販売)は、四国新聞の販売部門を力強くけん引するグループの中核企業です。1999年6月に組織をリニューアルし社名を変更。現在では、自営販売が導入する新規事業の先行トライアルや県広報のデリバリー事業、また四国新聞販売組織の人材育成などにも大きな力を発揮しています。

驚きの急成長

発足以来、「よんしん販売」では新しい新聞販売の姿を具現化するため、大胆な発想で業務の近代化、組織化、多角化を積極的に推進してきました。現在では高松市のほか、丸亀、坂出、善通寺、東かがわ、綾川、宇多津、琴平エリアなどでサテライト店を展開し、この14年間で売り上げを7倍以上に拡大する急成長を遂げました。

躍進の源は若さと元気

同社の躍進の源は、何と言っても社員のパワーにあります。平均年齢34歳という若さが自慢の営業職場には、個性豊かな顔ぶれがずらりと揃い、いつも活気と熱気、そして躍動感に満ちあふれています。

オリジナルテーマとは?

企業が自社の業績を伸ばすために営業に取り組むのは当然のことですが、「よんしん販売」の目的はそれだけではありません。四国新聞には直営販社の「よんしん販売」のほかに、54店の自営販売所があります。それら自営販売所のパイロット(先導)役を果たすことも、当社に課せられた重要な使命と考えています。
新しいことへのチャレンジは、常にリスクと背中合わせ。そのリスクを最小限に抑えるため、まず「よんしん販売」が新規事業にトライした上で結果を検証し、全販売所での実施が可能と判断すれば、各自営販売所へそのノウハウを導入していきます。
さらに自営販売所に対する様々な営業支援、業務支援なども展開。四国新聞の販売ネットワークを四国新聞社と二人三脚で支えていくことも「よんしん販売」の大きなテーマになっています。

独立開業のための人材育成の顔も!

「よんしん販売」は人材育成機関の一面も持ち合わせています。当社で高いスキルを修得した社員には、自営販売所としての独立開業を提案。独立に当たっては、当社があらゆる角度から開業を全面的にバックアップしており、これまでに20人以上の中堅社員が自営販売所長として巣立っていきました。
この独立システムを、すでに大勢の先輩社員が「独立経営者」として充実した日々を送っています。
「よんしん販売」は、将来の四国新聞販売所長を育てる重要な役割も担っているのです。

この企業を見ている人はこんな企業も見ています。