閉じる

この企業情報は企業の概要や仕事を知るために公開しています。
この企業が2019年ダイヤモンド就活ナビで採用を行うことを保証するものではございません。

公開日:2017年06月01日   更新日:2017年06月01日

レジャー・エンターテイメント/雑貨/不動産/アミューズメント/レストラン・フード/その他サービス

東証一部上場

トウキョウドーム

株式会社東京ドーム

好立地・快適なオフィス環境 歴史と伝統のある老舗企業 サークル・クラブのある会社
独身寮・社宅あり 年間休日120日以上 資格取得バックアップ

東京のど真ん中で様々なコンテンツを発信!

「東京ドームシティ」でたくさんのお客様と「感動」を共有しています。
東京の「ど真ん中」という好立地をフル活用し、レジャー・アミューズメントの優良コンテンツを展開。日本初の全天候型多目的スタジアム「東京ドーム」、「ラクーア」や「ミーツポート」、「東京ドームシティ アトラクションズ」等から常に魅力あるエンタテインメントを発信しています。
今後も人々の更なる余暇の充実を目指して事業開発を続けていきます。

会社プロフィール
事業内容 ■プロ野球、その他スポーツ、コンサート、展示会、コンベンションなどの
 各種イベントのプロモートおよび誘致
■各種イベントの催行会場となる「東京ドーム」、「後楽園ホール」、
 「プリズムホール」および「TOKYO DOME CITY HALL」の賃貸
■「黄色いビル」、「LaQua」および「MEETS PORT」などの商業施設の運営
■「スパ ラクーア」、「東京ドームシティ アトラクションズ」、
 「東京ドームボウリングセンター」、「ASOBono!」、「スポドリ!」、
 「宇宙ミュージアム TeNQ」などのエンタテインメント施設の運営
■直営店舗の運営(飲食、雑貨 など)
■セレクトコスメとビューティアイテム「shop in」の運営
設立 1936年12月25日
資本金 20億3800万円
売上高 877億6100万円(2017年1月期)
経常利益 107億7100万円(2017年1月期)
社員数 820名 (2017年1月31日現在)
平均年齢 40.5歳(2017年1月31日現在)
代表者 代表取締役社長 執行役員 長岡勤
本社所在地 〒112-8575 東京都文京区後楽1丁目3−61
TEL 03-3817-6045
事業所 本社および各事業所
関連会社 株式会社東京ドームホテル
株式会社東京ドーム・リゾートオペレーションズ
株式会社東京ドームファシリティーズ
松戸公産株式会社
株式会社東京ドームスポーツ     など
事業・商品の特徴 CLOSE UP!

【時代をリードするエンタテインメントコンテンツを発信】
1936年に「株式会社後楽園スタヂアム」を設立。国民的スポーツと言われたプロ野球を中心に、遊園地やボウリング場、スケート場など、「王道」とも呼べる様々なエンタテインメントをお客様に提供してきました。そして1988年、日本初の全天候型多目的スタジアム「東京ドーム」が完成し、「株式会社東京ドーム」へと生まれ変わりました。以後も「ラクーア」、「ミーツポート」、「アソボ〜ノ!」、「スポドリ!」、「TeNQ」をオープンするなど、常に話題を呼ぶコンテンツを発信。
これから先もレジャー・サービス業のリーディングカンパニーとして、お客様とさらに「感動」を共有し続けられる都市型レジャーを追い求め続けます。

仕事内容・社員の意識

【一人ひとりの「自力」が「感動」の創出へと繋がる】
東京ドームシティ内のイベントのプロモートや誘致、娯楽施設の運営、飲食・雑貨店舗の運営、テナントリーシング、東京ドームシティの新規事業開発など・・・、当社には実に様々な仕事フィールドが存在します。多彩なエンタテインメントを発信することが可能な当社ならではの特徴と言えるでしょう。
そして、この様々なフィールドで活躍するためには、社員一人ひとりが、自身の持つ個性や能力を自律的・積極的に発揮することが必要不可欠です。社員たちの「自力」の結集、これが東京ドームシティを支え、お客様とのさらなる「感動」の共有へと繋がっていきます。

今後への姿勢

【強みに甘んじることのないイノベーションの追求】
東京の「ど真ん中」に広大な敷地と多様なレジャー・アミューズメントの優良コンテンツを持つ当社。しかしながら、「東京ドームシティ」がお客様に魅力的な街であり続けるためには、その強みに胡坐をかくのではなく、新しいコンテンツを生み出し、常にお客様と「感動」を共有できる環境を作り出していく必要があります。今後も現状に満足せず、お客様に常に新たな「感動」を味わっていただく街であり続けるため、更なるイノベーションの創出を目指していきます。

理念

【経営理念(企業目的)】
「私たちは、人とひととのふれあいを通して、お客様と『感動』を共有し、豊かな社会の実現に貢献します」

【東京ドームが目指すもの】
東京ドームは、企業目的のもと、いつの時代にも他に先駆けて様々なレジャー施設とサービスを多くの人びとに提供してきました。これからも、お客様に心から楽しんでいただける都市型レジャーを追い求め続けることを社会的な使命ととらえ、レジャー・サービス業のリーディングカンパニーとして、限りなく前進していきます。

【安全理念】
東京ドームグループは、お客様と「感動」を共有するために、安全を第一に考え、行動します。

この企業を見ている人はこんな企業も見ています。