閉じる

公開日:2018年04月11日   更新日:2018年04月11日

専門商社(化学製品)/繊維/化学/専門商社(繊維・アパレル・雑貨)/専門商社(自動車)/環境ビジネス

ロゴ

メイテック

株式会社メイテック

正社員
ブックマーク
ニッチな商品で成功を続ける会社 無借金経営の会社 特許や独自の技術をもつ会社
理数化学系学生積極採用 電気・電子学系学生積極採用 転勤無し勤務地限定
エントリー
企業関連リンク ホームページはこちら

PRコメント

【皆様のクリーン化に、メイテック!Everybody,it becomes cleaner,MAY TECK!】

こんにちは。私たちメイテックは、環境の浄化、保全、生産向上と創意工夫をキーワードに、自動車メーカーや精密機器・家電メーカーの生産現場などで使われる副資材である、プラスチックフィルム、テープ、シート、マット類、浄化用資材等の設計・販売を手がけています。

ニッチな市場に大きな可能性が拡がっているのです。

当社が扱っている副資材(プラスチックフィルム、テープ、シート、マット類)は、主に自動車メーカーや精密機器・家電メーカーの生産現場で使われています。
ほこりやゴミを防ぐため工場の壁や間仕切りに使用されるダストキャッチネット、フィルム、床に敷かれる保水マット、床敷マット(リサイクルマット)、部品や製品の的確な搬送や仕分けに活躍する部品箱など、決して派手ではないかもしれませんが、自動車、精密機器、家電製品の生産には欠かせないものばかりです。このように合成樹脂や化成品に特化した開発・提案型の企業としてトヨタ自動車グループを中心にホンダ、スズキなど数多くの自動車メーカーや精密機械・家電メーカーと強いパートナーシップを結んでいるのです。

独創のファブレス企業を目指し、人に投資、人を創造!

当社の大きな目標の一つに、ファブレス企業として大成することがあります。ファブレス企業とは生産拠点を持たず、その分の経営資源を高い技術力を活かした開発と顧客サービスにあてるというものです。生産拠点を持たないというと、単に商品を右から左へというイメージがありますが、多くのサプライヤーから本当に良いものを見抜く眼力と、それらの素材を当社の独自の”製品”へと昇華させる技術力が必要なのです。
常にメンテナンスが要求される生産手段にコストをかけず、「人に投資をし、人を創造していく」当社の方針と少数精鋭の技術主体の商社としてのスタンスは、高い利益率とニッチな市場ながら高い知名度を誇り、増収増益基調を続けています。今後は景気の波に左右されない、今以上の強い経営基盤を持つ会社にしていきたいと考えています。

会社プロフィール
事業内容 【皆様のクリーン化に、メイテック!Everybody,it becomes cleaner,MAY TECK!】

・プラスチックフィルム、テープ、マット類の設計・販売
・合成樹脂類の販売
・その他化成品の設計・販売

当社は各種産業における作業環境と製品の浄化・保護のために、合成樹脂・化学製品などの原素材が持つ優れた特徴を活用し粉塵や各種ダスト類を効率よく確実に排除する環境浄化や保持対策の製品を始め、各種ユニークな機能製品、省人省力化製品を開発・提供しています。
設立 1991年11月
資本金 2000万円
売上高 9億7000万円(2017年8月)
社員数 35名 (2018年1月)
平均年齢 37.0歳(2018年1月)
代表者 代表取締役 梅田 直人
本社所在地1 〒441-8086 愛知県豊橋市問屋町7番地3
TEL 0532-34-7800
事業所 本社(愛知県豊橋市)
当社の特徴 CLOSE UP!

合成樹脂、化成品に特化した開発・提案型のファブレス企業です。
市場ニーズの取得やシーズ提案による設計・販売をしています。
トヨタ自動車及び系列メーカー、三菱化学グループ各社、精密機器・家電メーカー等を主要取引先とする新進企業です。

幅広い分野で活躍しています

当社は合成樹脂、化成品に関する専門商社であり、製作メーカー機能を一部持ち合わせていますが、”浄化資材””保全運搬資材””環境ビジネス””技術型商社”など様々な分野で幅広く活躍しているのが強みでもあります。
お客様が「○○のような製品がほしい」というニーズに対して自分たちでその製品を作り出していきいます。ですからある一定の分野に限らず幅広いフィールドでビジネスが展開できるのです。

目標と戦略

・清潔・整理・整頓をキーワードに環境浄化とその保全で業界No.1の製・商品を世に提供し事業すること。

・化成品を取扱いの主素材とし、差別化、創意工夫、付加価値を合言葉にキメ細かな顧客ニーズを吸収し、提案し、創造する問題解決型のニッチ事業であること。

・ファブレス企業を基本スタイルに必要最小限の設備投資と最大限の優良人的財産及び知的財産を蓄積することに努めること。

エントリー
企業関連リンク ホームページはこちら

この企業を見ている人はこんな企業も見ています。