閉じる

公開日:2018年03月03日   更新日:2018年08月30日

専門商社(紙・パルプ)/紙・パルプ/印刷・印刷関連

株式未上場

ブンショウドウ

株式会社文昌堂

正社員
ブックマーク
ISO規格取得済 歴史と伝統のある老舗企業 完全週休2日制
サークル・クラブのある会社 ストックオプション・社員持ち株制度
エントリー セミナー情報

PRコメント

当社は大正8年の創業以来、一貫して板紙と呼ばれる産業用紙を手がけ、紙の商社として、印刷・出版・紙器業界はもとより、各界より高い評価と信頼を頂いています。一口に紙と言っても、数え切れないほどの種類があります。本や雑誌、お菓子の箱から、野菜の箱まで、あらゆるものが「紙」で作られています。当社はあらゆるニーズの紙を加工会社に提供し、いろいろなものに形を変えるお手伝いをしています

会社プロフィール
事業内容 当社は大正8年の創業以来、紙の専門商社としてお客様の多様なニーズに応えることで成長を続けてきました。老舗である一方、昨今の急速なグローバル化にも対応し、2011年にはインドに現地法人を設立。新規市場の開拓にも積極的に取り組んでいます。
当社の主力製品は、段ボールを作るためのシートや原紙などの厚紙(板紙)です。そのため電子書籍化やデジタル化による紙の使用量減少の影響を受けにくく、安定した需要を見込めることも大きな強みです。ます。
設立 1919年
資本金 2億円
売上高 394億円(2016年度)
社員数 140名 (2016年度)
代表者 代表取締役社長 高杉 博史
本社所在地1 〒110-8532 東京都台東区上野5丁目1番1号
TEL 03-3836-1151
事業所 ◆本社
◆大阪支店
◆名古屋支店
◆福岡支店
◆東北営業所
◆草加倉庫
◆御厨倉庫
関連会社 ◆株式会社文昌堂埼玉
◆文盛堂株式会社
◆文昌不動産株式会社
◆BUNSHODO TRADING PRIVATE LIMITED(インド ムンバイ)
文昌堂とは?【本、雑誌】

“洋紙”と呼ばれる薄くて美しい紙に色とりどりの印刷をして、本や雑誌になります。
ふだん当たり前のように見ているアイドルの写真や、おいしそうなレストランのチラシも、よい紙とよい印刷技術があってこそです。
また、絵本のように厚い紙に特殊な加工をするときもあります。

文昌堂とは?【板紙】

開けてびっくり玉手箱。
よく見かけるお菓子の箱も工夫がいっぱい。何気なく開いているふたも、切り込みを入れる加工は、実は紙ならではの技。フルーツの鮮度を保つ最新の機能を盛り込んだ紙だってあります。
また、“紙は弱い”といった常識をくつがえした製品もあります。
“身近な最先端”は、あなたの目の前にあるかもしれません。

文昌堂とは?【段ボール】

よく見かける段ボール箱。
実は3枚の紙で出来ているのはご存知でしたか。表の紙と裏の紙、そして中で支える波上の紙。
これら段ボール原紙を重ねあわせて、“運送のチャンピオン”何でも運べる段ボール箱になります。
最近は箱のほかにも意外なものもあります。

エントリー セミナー情報

この企業を見ている人はこんな企業も見ています。