閉じる

公開日:2018年03月15日   更新日:2018年03月15日

金属/非鉄金属

ロゴ

株式未上場

サンジョウトクシュチュウコウショ

株式会社三条特殊鋳工所

正社員
ブックマーク
就活ナビだけエントリー
特許や独自の技術をもつ会社 女性の比率が高い会社 育児支援制度が整備されている会社
介護休暇・介護時短勤務制度 転勤無し勤務地限定

PRコメント

鋳物機械部品を鋳造する鋳物屋です。

技術とサービスでお客様の信頼にお応えできるパートナー企業を目指しています。
「ものづくり=笑顔創造」
自分で考え自分で納得して決める、そんな働き方を大切にし、たくさんの笑顔を一緒につくっていきませんか?

たくさんの笑顔をつくれる仕事です。

「ものづくり」の楽しさと難しさを日々感じることができ、やりがいの持てる職場です。最高の技術に挑戦し、鋳物の価値・魅力を高め、それを広めることを使命としています。
自分で考え、自分で決める。みんなで協力して目標を達成する。私生活も楽しく。当社サントクは、そんな働き方を目指して進んでいます。
鋳物という、生活を支えるものづくりを通して、豊かな人生を一緒に作りましょう!

得意分野でお客様の期待に応えます。

サントクの事業目的は「鋳物の価値・魅力を高め、それを広めること」。
鋳造の技術力だけでなく、鋳造構造ソフトや自社製データベースソフトの導入などにより、色々な角度からサービスの充実を図り、お客様と共存共栄していきます。
社内では検定で多くの知識を得られることはもちろん、現場の改善活動や後輩への技術伝承にも力を入れています!

会社プロフィール
事業内容 ・世界一軽い、鋳物ホーロー鍋UNILLOYの製造販売
・炒めやすく煮込みやすい鋳物フライパンSSCの製造販売
・極薄鋳鉄キッチンウェアの開発、製造販売
・銑鉄鋳物部品の製造・販売
・鋳物部品の熱処理・機械加工・表面処理
・非鉄鋳物品・ロストワックス・ダイキャスト品等の販売
・鋳物の輸入販売
・製缶品(SS、SUS等)、簡単な組立品、樹脂製品、ベンチ、ガードレールの販売
・湯流れ、凝固、欠陥解析サービス
創立 1968年
資本金 4500万円
売上高 12億円(2018年2月)
社員数 53名 (2018年3月 男39名 女14名)
平均年齢 42.0歳(2017年2月現在)
代表者 代表取締役社長 内山 照嘉
本社所在地1 〒959-1155 新潟県三条市福島新田丁642
TEL 0256-45-3155
事業所 本社、工場
沿革1

1961年 4月
初代社長 内山昭二が鋳物製造業として創業。
1968年 5月
株式会社 三条特殊鋳工所を設立し法人化する。
1969年 
現在の主力商品であるFCD材の生産を始める。
1975年
南蒲原郡栄町(現本社)に全面移転する。自動車部品関連を中心に大量生産の道を歩み出す。その後、生産量の増加に伴い生産設備のスクラップ&ビルド的な設備投資を続ける。
1983年
現社長の内山照嘉が入社し、品質のレベルアップを始める。
1985年
大量生産から多品種少量生産に移行が始まる。この後、設備は品質の安定化・多品種の生産性向上に対応する設備投資に変わる。また、後工程である機械加工・熱処理・表面処理等も外注政策で開始した。さらに、中国からウエイト鋳物の輸入を開始する。
1997年
内山照嘉が社長に就任する。我々の事業目的を『鋳物の価値・魅力を高め、それを広める事』と定義する。

沿革2

2011年
鋳鉄製キッチンウェア「燕三条極薄鋳鉄」専用の製造工場を新築。自社商品の開発に本格着手する。
現在
発光分光分析装置、三次元測定器など、メーカーとして必要な品質関連機器を導入。鋳物メーカーとしての信頼を高めることはもとより、3次元CAD、鋳造シミュレーションシステム等の導入等、色々な角度からお客様サービスの充実を計り、技術とサービスで幅広くお客様に部品を供給するパートナー企業を目指す。

採用窓口 採用窓口名称 株式会社三条特殊鋳工所 採用担当
住所 〒959-1155 新潟県三条市福島新田丁642
受付電話番号 0256-45-3155
Eメール stk21@e-santoku.co.jp
担当者 田口 圭一

この企業を見ている人はこんな企業も見ています。