閉じる

公開日:2018年03月01日   更新日:2018年05月14日

専門商社(自動車)/エンジニアリング/自動車/輸送機器

ロゴ

トヨタエルアンドエフサッポロ

トヨタL&F札幌株式会社

正社員
ブックマーク
CSRに積極的 ISO規格取得済 3年連続成長企業
シェアトップクラスを誇る会社 決算賞与あり 独身寮・社宅あり
企業関連リンク 会社HP | メーカーHP

2019卒採用は終了いたしました。

【2019卒向け 採用は終了いたしました!】

トヨタL&F札幌のページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

2019卒向けの採用は、終了することとなりました。
たくさんのエントリー、ご応募をいただきありがとうございます。


コンプライアンス(法令遵守)が徹底されている会社

当社の強みは、コンプライアンス(法令遵守)が徹底されていることです。ICカードによる出退勤管理が徹底されており、始業時は始業時間(9:00)15分前の8:45を過ぎないと入室できません。終業時(17:30)は17:00に終礼を行い、残業をしない人は17:45までに退社することを徹底しています。もちろん、残業がある場合には早く出たり、遅く帰ったりすることもありますが、残業代はもちろん100%支給されます。決められた時間内にメリハリをつけて、しっかりと仕事をしなければならないので大変な時もありますが、その分プライベートの時間がしっかりと確保でき、非常に働きやすい環境です。そのせいか、退職する人も少ないです。
ちなみに休日は毎年12月に翌年1年分の休日が確定します。お盆とお正月の休みも長く、休日出勤もほとんどないので、旅行の予定も立てやすいです。

定期昇給がしっかりしている会社

給与は道内の同業他社に比べて、高いレベルだなと感じます。初任給は他社とそんなに変わらないですが、毎年4月には定期昇給が確実に行われますので、10年、20年経つと大きな差がつきます。トヨタのフォークリフトのシェアは50%で、この業界では圧倒的NO.1であることやトヨタの看板を背負っていることもあり、営業活動も非常にやりやすく、業績も非常に高いレベルで安定しています。ボーナスは6月・12月・3月の年3回支給で、業績次第で最大で5.7か月分もらえます。また、それとは別に秋には燃料手当も支給されますので安心して働くことができます。

会社プロフィール
事業内容 産業車両・物流機器商品の販売・修理

当社のメインの販売品は、フォークリフトです。法人を中心としたルート営業ですので、取り組みやすい営業品目です。
「トヨタ」という看板を背負っての営業ですので、ライバル会社に比べて知名度や好感度が高く、お客様に受け入れてもらいやすいです。また、50年以上連続で国内販売台数1位を続けており、国内シェアも50%(2017年)と圧倒的な力を持っています。
また、当社は、フォークリフトだけでなく、自動倉庫・無人搬送システムなどの無人で操作が可能な物流機器も取り扱っています。人口減少社会に突入した今、人手が足りないので無人で操作できるシステムを納入してほしいというお客様から多数の引き合いが来ています。人口減少社会にあっても、確実に売り上げを伸ばすことができる商品ラインナップとなっています。
設立 1968年11月
資本金 3000万円
売上高 48億2374万円(2016年)
経常利益 3億2323万円(2016年)
社員数 140名 (2016年 男120名 女20名)
平均年齢 39.8歳(2016年)
代表者 武田進一
本社所在地1 〒062-0020 北海道札幌市豊平区月寒中央通7丁目7番地17号
TEL 011-851-6211
事業所 本社・中央支店(札幌市豊平区月寒中央通7-7-17)
発寒営業所(札幌市西区発寒13条14丁目)
東苗穂営業所(札幌市東区東苗穂5条3丁目)
石狩営業所(石狩市新港東2丁目)
恵庭営業所(恵庭市戸磯201番地)
苫小牧支店(苫小牧市一本松町11番地)
室蘭営業所(室蘭市大沢町1丁目1番地)
函館支店(函館市昭和1丁目23番)
小樽営業所(小樽市塩谷1丁目7番)
空知営業所(美唄市進徳町2区)
関連会社 札幌トヨタ自動車株式会社
ネッツトヨタ札幌株式会社
ネッツトヨタ道都株式会社
トヨタカローラ苫小牧株式会社
トヨタカローラ道北株式会社
函館トヨタ自動車株式会社
ネッツトヨタ道南株式会社
株式会社トヨタレンタリース札幌
北海道中央自動車学校
小樽中央自動車学校
札幌トヨタ商事株式会社
株式会社エステイ情報システム
株式会社エステイヒュマンサポート
株式会社エステイビジネスアシスト
創立50周年 CLOSE UP!

 当社は、今年の11月に創立50周年を迎えます。永い歴史の中には、幾多の苦難もありましたが、多くの先輩たちが、知恵と汗と涙で、危機を乗り越えて、今日まで繋いできてくれました。我々には、そんな歴史ある会社を、更に健全な企業にして、次の世代にバトンを繋いでいく責任があります。
 会社の寿命は50年だという説もあります。従来のやり方を続けるだけでは、事業は衰退していきます。だからこそ、新しい視点を持った社員が必要なのです。安定志向から脱出するために、フレッシュな人材の役割は非常に大きいです。
 トヨタL&F札幌の事業には、ビジネスチャンスが豊富にあります。ロジスティックス事業はお客様への提案が主体ですから、こちらに知恵があればある分だけビジネスが生まれる非常に夢のある分野です。営業マンであっても、エンジニアであっても、社員には常に提案する姿勢が求められます。単に与えられた仕事をするのではなく、自分で考え、自分で創造して仕事をする姿勢と柔軟で自由な発想を持った人材を歓迎します。

迷わず正義を貫け

 「迷わず正義を貫け」が当社の理念の一つです。昨今、コンプライアンス違反で会社の存続の危機に立つ企業のニュースを多く見かけます。会社の信用を一度傷つけてしまえば、その回復には長い時間と多大な労力を費やさなければなりません。
 それゆえに私たちは目先の実績に惑わされて、危険な道を走るのではなく、たとえ遠回りでも正道を一歩一歩着実に歩んでいきます。
 家族や子ども、友人に自信をもって話すことができる正しい仕事をこれからも継続し、社会の発展や社員の幸せに寄与していきます。

人口減少社会に負けない会社

 最近、多くのお客様から、「働く人が集まらないので、無人で稼働できるシステムの提案をしてほしい」という話をいただいています。もうすでに少子高齢化、人口減少社会による働く人材の確保が難しい状況が訪れております。
 そのような状況に対応すべく当社では、物流管理の省人、省力、自動化を進めて、お客様にご提案しております。これからの時代に必要不可欠な会社です。

社内教育・研修制度

 当社が、最も力を入れて取り組んでいる一つが人材教育です。当社の今後の成長には、ロジスティックス事業が最大のポイントになります。市場のニーズは高いわけですから、それに対応できる人づくりができれば、ロジスティックス事業はさらに成長します。そのために、日々、進歩する物流関連機器やシステムに関する知識・技術を習得し、スタッフ一人ひとりが物流のプロフェッショナルとして成長できる社内教育・研修制度を充実させています。
 当社の研修は大きく3種類に分けられますので、次に紹介します。

1.L&F商品のメーカーである株式会社豊田自動織機で行う愛知県での集合研修
 全国に広がるトヨタL&Fグループの教育研修拠点になっているのが、愛知県にある「トレーニングセンター」です。最新のフォークリフトや搬送機械類、シミュレーターを備えた実習棟や研究室があり、全国に広がるトヨタL&Fスタッフとも交流して切磋琢磨できる最高の環境です。新人の時や数年に一度研修があります。

2.札幌トヨタグループでの集合研修
 営業職と技術職、さらに資格別に系統的なカリキュラムを組み、それぞれのプロセスに応じて必要な研修を実施します。札幌トヨタやネッツ札幌、ネッツ道都などのグループ会社との合同研修なので、人脈づくりや情報交換の場としても重要です。入社前の内定者セミナーや入社直後の導入研修、その後3年間にわたって行われるフォロー研修など充実したスケジュールとなっています。

3.社内研修
 入社時の新人研修や若手の営業マンのスキルアップのための社内研修を随時実施します。先輩スタッフによるOJTも万全です。もちろん、先輩、上司などの日常のあたたかいサポートにも自信があります。

法令遵守で 働きやすい魅力的な職場

 当社は、コンプライアンス(法令遵守)、安全への意識を徹底して業務に当たっており、これがお客様からの信頼獲得や働きやすい職場づくりに役立っています。特に勤務時間の管理には気を配っており、決められた時間内にしっかりと仕事をすることを徹底しているため、プライベートの時間もしっかりと確保でき、非常に働きやすい環境となっています。
 また、年間休日カレンダーがあるのでプライベートの計画も立てやすいです。
 若い社員が多く、社内は明るく活発な雰囲気で、協力して仕事を進める社風のため離職率も非常に低い職場です。

道内トップクラスの給与体系

 札幌トヨタグループは、トヨタ自動車の関連会社であり、全16社・総社員数は約2,400名という大きな企業グループです。各社とも、トヨタブランドの知名度や幅広いユーザーに支えられることで、安定した会社経営となっています。
 その給与体系は、安定した定期昇給や最大5.7か月支給となる年3回の賞与、燃料手当の支給などを柱として確固たるものになっており、社員の生活安定とモチベーションを全力でサポートします。

福利厚生

●各種社会保険制度
●財形貯蓄
●自家用車購入制度
 新車はレクサスやトヨタ車、中古車はレクサスやトヨタ車、ダイハツ車を社員価格で購入できます。価格は、車種やグレードにより変わりますが、市販価格より安く購入できます。
●保養所
 1.洞爺湖ヴィラ洞爺
 (有珠郡壮瞥町字壮瞥温泉81-14)
 ヴィラ洞爺は、有珠郡の洞爺国立公園の中に設けられた札幌トヨタグループの社員ならびにご家族のための天然温泉付き保養施設です。

 2.トマム (勇払郡占冠村字中トマム)
 ザ・ヴィレッジアルファは札幌トヨタグループの社員ならびに家族のためのマンション型保養施設です。また、トマム タワーなどのホテルにも格安で宿泊可能です。

営業車両・通勤車両

 当社は自動車販売店ではありませんが、「トヨタ」の看板を背負って仕事をしているので、基本的にはトヨタ車での営業・通勤となります。軽自動車であればトヨタの子会社であるダイハツ車でもOKです。
 営業には、借り上げ制度といって自分の車を使いますので、自家用車が必要になります。車を新規で購入する場合には、安く購入できる自家用車購入制度があります。また、ガソリン代や保険料、車両損耗費などの借り上げ車にかかる経費は会社から規程により支給されます。

営業エリア

 当社は、完全テリトリー制です。社内で自分の担当のエリアが決まることで、必然的にお客さまが決まります。すでにお付き合いのあるお客様を訪問するルートセールスに近い営業なので、会ってもらえないという事はほぼありません。
 ただし、新規開拓も必要ですので、これまで訪問したことがないお客様を訪問することもありますが割合としては低いです。

勤務時間外のお客様とのお付き合い

 当社の場合は、法人客が多く、お客様との夜の飲み会などの業務外のお付き合いはほとんどありません。
 社内の飲み会は、拠点によって多少の差異はありますが、ほとんどの社員が車通勤ですので、事前に日にちを決めて年に何回か実施するような拠点が多いです。

採用窓口 採用窓口名称 トヨタL&F札幌株式会社 総務部 総務課
住所 〒062-0020 北海道札幌市豊平区月寒中央通7丁目7番17号
受付電話番号 011-851-6211
Eメール fp-soumu@st-g.co.jp
担当者 鈴木
企業関連リンク 会社HP | メーカーHP

この企業を見ている人はこんな企業も見ています。